引越しの価格を知ろう

引越しするにあたっても、いったいいくらが相場なのかさっぱりわかりません。
何度も引越しする機会がありましたが、結局はここって勝手に決めて引越しをしていました。
引越し族である私にとっては、痛いお金ですが、ついつい面倒でそのまま流れに沿って引っ越してしまいます。

あ、もちろん単身パックですよ。
独身ですから。

まあ、結婚もしていたら、もっとお金にシビアに考えたかもしれません。
このだらしない性格もしっかりと直していかなければなりませんね。

いろいろ調べていると引越し単身パックにもそれぞれの価格設定があることを知りました。

ネットで調べていればこんなことにもならなかったのに、ついついやっちまいますね。

これからは、しっかり調べていきます。

今は便利で比較サイトなるものが引越しにもあるのです。
もちろん単身パックにも対応しているから、自分にあったサービスだと思いました。

次に引っ越すのはいつだかわかりませんが、引越し族の私は、また、引っ越す機会があるのは、間違いありません。

その時は、しっかりと価格を比較して節約しよう。
そしてしっかりと相場を把握しよう。
流れに流されて、面倒だから、、、という性格は卒業です

そう決めた自分がいました。

マンションの査定事情

マンションの査定事情を知ってますか??
実は今結構、高額査定が飛び出しているんです。
相続の問題もあり、様々な議論もありそうですが、高額買取は嬉しいことですよね。

今まで住んできたマンションですから、何かしら手放すことになれば、やはりそれなりの金額を希望するのは当然のことだと思います。

で、私も実は自宅マンションに査定を出してみたのです。
いったいどういうことかというと、出張です。

誰にでもあることですよね。
今住んでいるところよりもずっと先に引っ越すことが決まったのです。
しばらく帰ってこれないこともあり、もっていても仕方がない。。

で、手放すことになったのです。
同じようなことってきっとあると思います。
長年住んだマンションですから、ちょっと悲しい気分にもなりましたが、今、高額査定が多く出ている中で逆にチャンスだと思いました。

今、ここで決断しないときっと後悔する、そんな気持ちでいっぱいです。
実は相続もあり、結構な金額が私の元に飛び込んできそうなのです。

それもあり、次に行くところはちょっと贅沢にいいところに住みたいと思うのです。

PR:オンライン英会話スクール比較表

先立つ者のつとめ

とても近しい親族が亡くなると本当に悲しいものです。
その悲しみが癒えぬうちに、時には相続問題が起きてしまうことがあります。

亡くなった方の遺した財産を仲良く分け相続するということ、それが一番いいに決まっています。
遺言が残されていれば遺言の通りに遺産を分けることができます。
でも遺言が遺されていても、時にはその遺言が元で争いが起きてしまうこともあるのです。

遺言が遺されていれば遺された者は安心だ、というわけではないようです。

特に遺産の中でも土地というものに関してはどのように分けるべきなのか、その分け方によっては更なる争いも起きかねません。

被相続人にとっても自分の死後、そのような財産を巡っての争いなど起きて欲しいなどと思うはずもありません。
自分の死後に争いを起こさないためにも、特に土地の相続に関しては生前にきちんとした話し合いを持つということがとても重要なことではないかと思います。

財産分与など被相続人の死後の話などできない、という人は多いと思います。
その切り出し方も難しいですから。
でも、争いが起きてしまえば、家族の間にも大きな亀裂が生じてしまうということを考えると、被相続人ときちんと話をできる間にその意見を聞き入れ、残される者みんなできちんと話し合いをすることで問題なく手続きを行っていけるのです。

土地のような財産では特に問題が起きやすいと言われていますので、被相続人も残された者が争わなくてもいいように準備をしておくといいでしょう。

悩みになりやすい土地などの不動産などの相続

誰にでも訪れるものに老いがありますが、その老いには現実的に突きつけられる問題がいくつか存在します。

その中でも、お金や税金などとても大きな問題となりやすいのが、相続の問題です。

特に現金と違い価値が判明しにくい土地などの相続に関しては、かなり問題になることが多いものです。

              

こういったものがはっきりと分かっている場合には、生前から分配などをはっきりしておくことでもめることも少なくなるものです。

ですが、いざ相続の段階になって後から土地などが発見されることは、よくあることでもあるのです。

そういった物件は、いざ相続するとなった段階から、税金などの問題で悩みの種になることも出てくるのです。

こういった問題になる前に相談しておくことが一番いい選択肢なのですが、そうもうまくいかないこともしばしばです。

そこで、相談先を考えるわけですが、税金の納税に関しては税理士に相談することになります。

物件の売却などであれば不動産関係になりますし、書面に関してであれば行政書士や司法書士と専門が分かれていきます。

こういったことに関するコンサルタント業務を生業としているところもありますので、日常的な生活から相談できる相手を考えておく必要もあるのです。

土地を相続するときの手続きの必要性

両親などの親族が無くなったときに、土地を相続することとなっった場合、手続きが必要になってきます。

手続きの方法を知らないままでいますと、その土地が正式に自分のものとならないまま時が過ぎてしまいかねません。

土地、いわゆる不動産を相続する手続きとしましては、一般的には相続登記となっております。

土地を相続するときの登記は義務とはなっていないため、いつまでにしなければならないといった期間もなにもありません。

しかし何もしないままでいますと、様々なトラブルが起きてしまう可能性も高くなってくるのです。

たとえばその土地を何人かで相続する場合、他の人の同意や協力などを必要とせず、一人の相続人が単独で登記することが可能となるため、その一人の相続人が負債を抱えてしまっていたときに、自分の持分を売り払ったり担保とすることができるようになるのです。

登記をしないでいても、こういったトラブルに巻き込まれてしまう可能性は高いので、登記せずに放置することも危険だということを理解しておきましょう。

もしそのまま登記せずに、相続人が死亡してしまった場合、相続人の相続人にも迷惑がかかってしまいますので、相続が決定したら早めの手続きをするようにしましょう。

トラブルにあわないための相続と土地の活用法

親族が亡くなり、突然の相続に直面した場合、もっとも多いのが不動産のトラブルと言われています。


不動産には大きく8つの種類に分けられ、1つは土地や建物などの「自宅」、2つは駐車場や遊休地、3つは賃貸マンションやビルなどの「土地」「建物」、4つは投資用マンションなどの区分所有されている「建物」、5つは借地人に貸している「賃宅地」(借地)、6つは土地を借り建物を所有している「借地」、7つは別荘、そして8つは山林や畑などになります。
相続としてもっとも対象的になりやすいのが、亡くなった親族の「自宅」です。
特に子供が独立している場合、引き継ぎやその後の活用などでトラブルにあいやすく、不動産もそういった相談が多いと言われています。
また、賃貸マンションやビルなどは、相続人が知らされていなかったり、長期修繕や空室などで相談される方が多いようです。
こういったトラブルを少しでも回避するためにも、相続の話し合いや行動はタイミングが重要になります。


ではそのタイミングとは一体いつ頃なのでしょうか?
一番良いとされているのは、四十九日です。
相続が発生しお葬式後の諸々の手続きが終わったら、四十九日を目安に相続の財産や納税の有無、不動産の性格などを把握することから始めていくと良いでしょう。

難しい土地の相続について

親族が亡くなると確実にあるのが、財産などの相続です。
その中には「土地」という財産もあります。
現金や遺品なんかは欲しいものや必要なものとして分けることは簡単ですが、土地の相続ともなるとなかなか大変です。
分割するにもどうやってやったらいいのか皆目見当もつきませんし、身内であってもこういう話はしにくいものですよね。
相続について書かれた遺書があればそれは話が別なのですが、人間生きているといついかなる時に災難があるかなんて誰にもわかりません。そのために、親族間の絆にヒビが入るようなことも起こってしまうのです。
こうした内容の話は多くの場合、思った以上にネガティブなない内容になりがち。争いが起きやすいのもこうした理由があるからです。
今ある土地を割るように分割して…なんて無理ですし、建物を分割なんてもっと無理です。
そのため、こうした争いごとを回避するために、そして残された側が有利に財産を受け継ぐことができるようにと生前からあれこれと手を回す人も多くなってきています。
受け継ぐときの手順はどうなのか、損なく自分の財産を分けるにはどうしたらいいのか…などなど専門家に意見を仰ぎ、円満にことが運ぶようにしておくのです。
せっかくの家族の絆にヒビが入ることがないよう、気を配ることもとても大切なのですね。
わからないことがあれば都度専門家に相談しながら決めていくとよいでしょう。

土地についての「思い」

土地についての思い・・・。ある人にとっては忘れられないほど懐かしいふるさと。

家族が住んでいる場所、帰ってホッと落ち着ける場所になっている方も多くいらっしゃるかと思われます。

ある人にとってはいざという時の「財産」であり、売るとまとまった「お金」になるもの。

昔からある畑などが住宅地になるのもよく見受けられます。

ある人にとっては生命をつなぐ食物を育む場所・・・。

ひとつの場所に対しても個人による何通りもの「思い」があるかと思われます。

土地の相続が発生した場合、その「思い」をそのまま引き継ぐ事もそう珍しくはないはずです。

どんな「思い」であるか人によって異なると考えまして相続税が発生すると、もしかして手持ちの現金や流動資産(当座預金や株などの有価証券を売却する事もこれに含みます。)などでは納税は原則として「現金払い」ということですので全額を支払うことができない場合もあるかと思われます。

思い入れが深いほど「手放したくない」という気持ちも理解ができます。

どのような段取りを取ると良いかは、専門家に相談するのが一番早い方法かもしれませんね。

しかし思い出のある土地や建物を処分する決断は「簡単ではない」事は簡単に想像できます。

財産の覚書きを書いてみませんか。

資産を持っている人が存命中に遺産相続の話をするのは気が引ける話ではないかと考えます。

ところが、亡くなって土地などの財産を受け継ぐために必要な日数は1年ほどです。

もしも財産を遺してくれる方の了承が出れば、早いうちにでもその相続についての話を進めておいた方が良いかと考えます。

それにより多くの時間を費やすという点があげられます。

故人を偲び思い出話をする時間は多い方が良いと考えます。

財産目録を作成することはいかがでしょう。

財産を受け継ぐ時に使用する書類としてではなく「覚書」の役割で良いと思われます。

土地などの「固定資産」や有価証券・現金などの「流動資産」、それからそれに付随する事業による負債にデパートなどの買掛金に至るまで整理しておいた方が受け取る側も分かりやすいのではないかと考えます。

相続税申告書類の作成依頼は費用が発生しますが、専門家にお願いすることで確実かつスピーディだと思われますのでご相談くださいね。

土地の相続をスムーズに手続きする第1歩

人が亡くなると、遺された家族は本当に慌ただしくなります。
葬儀の手配や、会葬者への気遣いなど・・・。これでは悲しんでいる時間がどこにあるのでしょうか。
それでも現実とは無情なもので、そのような家族の気持ちなど無視するかのように時間だけが流れていきます。
「家族で一番話し合わなくてはいけないもの」のひとつとして「相続」の問題がございます。
預金や有価証券などの「お金」に関する相続もございますが、特に亡くなった方が住んでいた家がある土地や、その時点で保有している事業用のものもございますね。
それらに対して頭を悩ませる方が多いのではないかと考えます。
土地をどう分けるか・・・。最初の話し合いですぐにその結果が出るとは考えにくいことかと存じます。
そこに建っている家屋をのこぎりで切るわけにも行きませんよね。
事業用の土地って分割していいのでしょうか?
そのことが原因で話し合いがうまく行かずもめ事となってしまっては、せっかく長年培っていた親族間の人間関係も壊れてしまいかねません。
それこそ大きな損失ではないでしょうか。

優しい思い出の数々はどうなりますか?

皆様、大事な方を亡くして悲しい思いを抱えてその話し合いの場に来ていることは充分に考えられます。

素直に亡くなった方を悼む時間をとりたい。涙を流すための時間が欲しい。
そのためにも相続の事務的なものはスムーズに手続きするのが一番かと思われますので、ぜひ専門家にご相談くださいね。