先立つ者のつとめ

とても近しい親族が亡くなると本当に悲しいものです。
その悲しみが癒えぬうちに、時には相続問題が起きてしまうことがあります。

亡くなった方の遺した財産を仲良く分け相続するということ、それが一番いいに決まっています。
遺言が残されていれば遺言の通りに遺産を分けることができます。
でも遺言が遺されていても、時にはその遺言が元で争いが起きてしまうこともあるのです。

遺言が遺されていれば遺された者は安心だ、というわけではないようです。

特に遺産の中でも土地というものに関してはどのように分けるべきなのか、その分け方によっては更なる争いも起きかねません。

被相続人にとっても自分の死後、そのような財産を巡っての争いなど起きて欲しいなどと思うはずもありません。
自分の死後に争いを起こさないためにも、特に土地の相続に関しては生前にきちんとした話し合いを持つということがとても重要なことではないかと思います。

財産分与など被相続人の死後の話などできない、という人は多いと思います。
その切り出し方も難しいですから。
でも、争いが起きてしまえば、家族の間にも大きな亀裂が生じてしまうということを考えると、被相続人ときちんと話をできる間にその意見を聞き入れ、残される者みんなできちんと話し合いをすることで問題なく手続きを行っていけるのです。

土地のような財産では特に問題が起きやすいと言われていますので、被相続人も残された者が争わなくてもいいように準備をしておくといいでしょう。

Leave a Reply