土地についての「思い」

土地についての思い・・・。ある人にとっては忘れられないほど懐かしいふるさと。

家族が住んでいる場所、帰ってホッと落ち着ける場所になっている方も多くいらっしゃるかと思われます。

ある人にとってはいざという時の「財産」であり、売るとまとまった「お金」になるもの。

昔からある畑などが住宅地になるのもよく見受けられます。

ある人にとっては生命をつなぐ食物を育む場所・・・。

ひとつの場所に対しても個人による何通りもの「思い」があるかと思われます。

土地の相続が発生した場合、その「思い」をそのまま引き継ぐ事もそう珍しくはないはずです。

どんな「思い」であるか人によって異なると考えまして相続税が発生すると、もしかして手持ちの現金や流動資産(当座預金や株などの有価証券を売却する事もこれに含みます。)などでは納税は原則として「現金払い」ということですので全額を支払うことができない場合もあるかと思われます。

思い入れが深いほど「手放したくない」という気持ちも理解ができます。

どのような段取りを取ると良いかは、専門家に相談するのが一番早い方法かもしれませんね。

しかし思い出のある土地や建物を処分する決断は「簡単ではない」事は簡単に想像できます。

Leave a Reply