トラブルにあわないための相続と土地の活用法

親族が亡くなり、突然の相続に直面した場合、もっとも多いのが不動産のトラブルと言われています。


不動産には大きく8つの種類に分けられ、1つは土地や建物などの「自宅」、2つは駐車場や遊休地、3つは賃貸マンションやビルなどの「土地」「建物」、4つは投資用マンションなどの区分所有されている「建物」、5つは借地人に貸している「賃宅地」(借地)、6つは土地を借り建物を所有している「借地」、7つは別荘、そして8つは山林や畑などになります。
相続としてもっとも対象的になりやすいのが、亡くなった親族の「自宅」です。
特に子供が独立している場合、引き継ぎやその後の活用などでトラブルにあいやすく、不動産もそういった相談が多いと言われています。
また、賃貸マンションやビルなどは、相続人が知らされていなかったり、長期修繕や空室などで相談される方が多いようです。
こういったトラブルを少しでも回避するためにも、相続の話し合いや行動はタイミングが重要になります。


ではそのタイミングとは一体いつ頃なのでしょうか?
一番良いとされているのは、四十九日です。
相続が発生しお葬式後の諸々の手続きが終わったら、四十九日を目安に相続の財産や納税の有無、不動産の性格などを把握することから始めていくと良いでしょう。

Leave a Reply