土地を相続するときの手続きの必要性

両親などの親族が無くなったときに、土地を相続することとなっった場合、手続きが必要になってきます。

手続きの方法を知らないままでいますと、その土地が正式に自分のものとならないまま時が過ぎてしまいかねません。

土地、いわゆる不動産を相続する手続きとしましては、一般的には相続登記となっております。

土地を相続するときの登記は義務とはなっていないため、いつまでにしなければならないといった期間もなにもありません。

しかし何もしないままでいますと、様々なトラブルが起きてしまう可能性も高くなってくるのです。

たとえばその土地を何人かで相続する場合、他の人の同意や協力などを必要とせず、一人の相続人が単独で登記することが可能となるため、その一人の相続人が負債を抱えてしまっていたときに、自分の持分を売り払ったり担保とすることができるようになるのです。

登記をしないでいても、こういったトラブルに巻き込まれてしまう可能性は高いので、登記せずに放置することも危険だということを理解しておきましょう。

もしそのまま登記せずに、相続人が死亡してしまった場合、相続人の相続人にも迷惑がかかってしまいますので、相続が決定したら早めの手続きをするようにしましょう。

Leave a Reply