Archive for the ‘手続に関して’ Category

悩みになりやすい土地などの不動産などの相続

誰にでも訪れるものに老いがありますが、その老いには現実的に突きつけられる問題がいくつか存在します。

その中でも、お金や税金などとても大きな問題となりやすいのが、相続の問題です。

特に現金と違い価値が判明しにくい土地などの相続に関しては、かなり問題になることが多いものです。

              

こういったものがはっきりと分かっている場合には、生前から分配などをはっきりしておくことでもめることも少なくなるものです。

ですが、いざ相続の段階になって後から土地などが発見されることは、よくあることでもあるのです。

そういった物件は、いざ相続するとなった段階から、税金などの問題で悩みの種になることも出てくるのです。

こういった問題になる前に相談しておくことが一番いい選択肢なのですが、そうもうまくいかないこともしばしばです。

そこで、相談先を考えるわけですが、税金の納税に関しては税理士に相談することになります。

物件の売却などであれば不動産関係になりますし、書面に関してであれば行政書士や司法書士と専門が分かれていきます。

こういったことに関するコンサルタント業務を生業としているところもありますので、日常的な生活から相談できる相手を考えておく必要もあるのです。

土地を相続するときの手続きの必要性

両親などの親族が無くなったときに、土地を相続することとなっった場合、手続きが必要になってきます。

手続きの方法を知らないままでいますと、その土地が正式に自分のものとならないまま時が過ぎてしまいかねません。

土地、いわゆる不動産を相続する手続きとしましては、一般的には相続登記となっております。

土地を相続するときの登記は義務とはなっていないため、いつまでにしなければならないといった期間もなにもありません。

しかし何もしないままでいますと、様々なトラブルが起きてしまう可能性も高くなってくるのです。

たとえばその土地を何人かで相続する場合、他の人の同意や協力などを必要とせず、一人の相続人が単独で登記することが可能となるため、その一人の相続人が負債を抱えてしまっていたときに、自分の持分を売り払ったり担保とすることができるようになるのです。

登記をしないでいても、こういったトラブルに巻き込まれてしまう可能性は高いので、登記せずに放置することも危険だということを理解しておきましょう。

もしそのまま登記せずに、相続人が死亡してしまった場合、相続人の相続人にも迷惑がかかってしまいますので、相続が決定したら早めの手続きをするようにしましょう。

トラブルにあわないための相続と土地の活用法

親族が亡くなり、突然の相続に直面した場合、もっとも多いのが不動産のトラブルと言われています。


不動産には大きく8つの種類に分けられ、1つは土地や建物などの「自宅」、2つは駐車場や遊休地、3つは賃貸マンションやビルなどの「土地」「建物」、4つは投資用マンションなどの区分所有されている「建物」、5つは借地人に貸している「賃宅地」(借地)、6つは土地を借り建物を所有している「借地」、7つは別荘、そして8つは山林や畑などになります。
相続としてもっとも対象的になりやすいのが、亡くなった親族の「自宅」です。
特に子供が独立している場合、引き継ぎやその後の活用などでトラブルにあいやすく、不動産もそういった相談が多いと言われています。
また、賃貸マンションやビルなどは、相続人が知らされていなかったり、長期修繕や空室などで相談される方が多いようです。
こういったトラブルを少しでも回避するためにも、相続の話し合いや行動はタイミングが重要になります。


ではそのタイミングとは一体いつ頃なのでしょうか?
一番良いとされているのは、四十九日です。
相続が発生しお葬式後の諸々の手続きが終わったら、四十九日を目安に相続の財産や納税の有無、不動産の性格などを把握することから始めていくと良いでしょう。

土地の相続をスムーズに手続きする第1歩

人が亡くなると、遺された家族は本当に慌ただしくなります。
葬儀の手配や、会葬者への気遣いなど・・・。これでは悲しんでいる時間がどこにあるのでしょうか。
それでも現実とは無情なもので、そのような家族の気持ちなど無視するかのように時間だけが流れていきます。
「家族で一番話し合わなくてはいけないもの」のひとつとして「相続」の問題がございます。
預金や有価証券などの「お金」に関する相続もございますが、特に亡くなった方が住んでいた家がある土地や、その時点で保有している事業用のものもございますね。
それらに対して頭を悩ませる方が多いのではないかと考えます。
土地をどう分けるか・・・。最初の話し合いですぐにその結果が出るとは考えにくいことかと存じます。
そこに建っている家屋をのこぎりで切るわけにも行きませんよね。
事業用の土地って分割していいのでしょうか?
そのことが原因で話し合いがうまく行かずもめ事となってしまっては、せっかく長年培っていた親族間の人間関係も壊れてしまいかねません。
それこそ大きな損失ではないでしょうか。

優しい思い出の数々はどうなりますか?

皆様、大事な方を亡くして悲しい思いを抱えてその話し合いの場に来ていることは充分に考えられます。

素直に亡くなった方を悼む時間をとりたい。涙を流すための時間が欲しい。
そのためにも相続の事務的なものはスムーズに手続きするのが一番かと思われますので、ぜひ専門家にご相談くださいね。

Search
Categories
Archives

You are currently browsing the archives for the 手続に関して category.

Links: